限界を突破して 自分の生きたい人生を手にいれるためのメソッドをお伝えしていきます。

宇宙は相似形

※この記事は、2010年11月22日に、
メインブログ「人生を進化させるエネルギーの法則
にて公開したものです。






ジョンレノンが亡くなって、
30年が経つということで、
おとつい、動画サイトで
追悼特集映像が放映されていたのを観ました。


きのうは、
同じサイトで
「ジョン・レノン殺害犯=マーク・D・チャップマンの
心の闇に迫る衝撃の物語」
という番組があったのでそれも観てみました。




そして、
二つの、映像を観終わり、




これが、宇宙の法則なんだな。

と、改めて感じました。





どういう意味か?
をこれからご説明しますね。





それは、彼ら二人の生い立ちが、
ほとんど、同じだったとうことから始まります。



わたしも、この映像を観るまで
知らなかったのですが、



ジョンレノンの父親は、
ほとんど家に寄り付かない船員でした。
幼い頃のジョンレノンは、
自分は父親から見捨てられたと述懐しています。


そして、
ポールマッカートニーと出会い、
世紀の売れっ子ロックバンドビートルズの一員として

母親を残し、
リバプールからニューヨークへと旅立っていきます。




方や、もう一人の主役である
殺害犯のマーク・D・チャップマンも

両親は離婚し、奔放に生きる母親を
冷めた目でみつつ、


一丁の拳銃を購入し、
ジョンレノンを殺害するため、
ハワイからニューヨークへと
旅立ちます。




殺害の旅にでるまで、
彼は、職を失い、人生に絶望していました。





そこで、一冊の本に出会います。


サリンジャーの『ライ麦畑で捕まえて
という有名な本です。



彼は、この本をこよなく愛し、
そこから神からの啓示のようなものを
受けとります。



「オレは、ライ麦畑のがけの端から、
落ちそうになっている子供たちを助けなければ
ならない」と・・・・






彼は、
今や、世界的なアーティストとなった
ジョンレノンに対し、


過大な嫉妬の感情をいだきながらも、


彼の歌う歌詞と、その優雅な生活ぶりに
おおいなる偽善を感じ取ってしまうのです。



例えば、
イマジンとう曲の中では、
「所得という概念がない世界を想像してごらん・・・」
と歌われている一方で、

ニューヨーク市内の
ダコタハウスという一流マンションに
日本人のヨーコと優雅に暮らす毎日、
24時間警護付きで、もちろん車は運転手付きです。



実は、犯行当時25歳だった
マーク・D・チャップマンも
東洋系の妻と暮らしていました。
しかし、
貧乏暮らしで、車はオンボロのアメ車です。




映画の中では、
はっきりとその時の彼の感情は
表現されていませんでしたけれども、



彼は、きっと

ジョンレノンの
この歌詞と現実の暮らしぶりの矛盾、


そして、
青年期を迎えるまでの両親との関係や生活環境は
ほとんど同じ境遇であったにもかかわらず、
今の生活のこの落差に、


この上ない怒りと嫉妬を感じていたと思います。



その想いは、
何も知らない善良な彼のファンを
裏切るこの上ない偽善的な行為であると
いう考えに昇華されていきます。




ジョンレノンは、偽善者だ!



ライ麦畑の崖から落ちそうになっている
無垢な子供達と
偽善者であるジョンレノンに騙されている
純真な青少年達を重ね合わせながら、



彼らを自分が救わなければ・・・・、
という思いを、どんどん自分の中で増幅させて
いったのでしょう。



同時にそのことは、
彼自身を救済するための
ものであったに違いありません。



そして、
そのエネルギーは、
彼のひと差し指が、トリガーを引かせるのに
十分なものとなっていったのです。




犯行が終わるとともに、
ジョンレノンという
世界的な音楽界の遺産とも言われる男と


一瞬のうちに、
同じ土俵で語られるための最短コースを
彼は探しあてたと思っていたことでしょう。



そして、ついに、彼は、

ヨーコとともに帰宅して車を降りて、
ダコタハウスのアプローチを歩く
ジョンレノンに対し、


背後から声をかけ、
4発の銃弾を彼に打ち込みます・・・・。

(映画のなかの映像による)






わたしが、冒頭で言った



宇宙の法則とは、



まさにこの二人の男の存在と

その引き寄せ、

に現れています。



彼らの人生は、

世代こそ違っていますが、


同じような境遇の生い立ちで

同じ悲しみの感情を背負って、

人生をスタートさせています。



これは、二人に共通する影=マイナスの部分です。




その後、一方のジョンレノンは、

キリストをも越えたと言って

マスコミを翻弄させるほど偉大な

世界的アーティストに上り詰め

これ以上ないプラスへと転じます。

顕在意識では・・・・、




しかし、潜在意識では、

自分がどれほど、寂しい人間であるかを

その成功が、世界的なものなればなるほど

無意識に、彼の魂をより深く傷つけていきます。






その一方で、

マーク・D・チャップマンは、

職も妻からの信用も失い、

ついには、世界的なアーティストの暗殺者となり、

これ以上ないマイナスへと振れます。




それは、潜在意識の中では
彼自身が犯行に使った38口径のリボルバーが、
つねに魂というターゲットへ
照準を定めているぎりぎりの極限状態です。



ついに、これから彼が、プラス=生を生み出す道は
ジョンレノンを殺害するしか他はない
と考えたのです。




そして、ふたつのエネルギーは
臨界点に達しようとしたとき、



融合し、打ち消しあって、



ふたたび、ゼロ地点に戻り、

新たなバランスが、保たれ始めます。





社会的な常識で考えれば、
犯人は、幼稚で依存心の強い負け組みのサイコ野郎じゃん!
という意見になると思います。




しかし、ここで私は、

人を殺すことが

いい悪いの議論をしたいのではありません。





確実に存在することだけを
言いますね。



いいですか?




これは、

人間や動物、植物から鉱物も
引いては魂まで含めて、

すべての宇宙のエネルギーの様相は、

相似形を成して存在し、




常に互いに引き寄せあいながら、

すべてそのバランスの上に成り立っていることを

意味しています。





プラスだけマイナスだけで存在するものなど

何もありません。



あるのは、そのエネルギーの振れ幅が、
大きいか。小さいかだけなのです。








それは、あなた個人のなかで

これまでの人生も

今現在、起こっていることも含め

すべてに共通する公式なのです。





そう考えますと、

やっぱり、前を向いて、感謝しながら日々を送ることが

どんなに幸せな人生を造りあげるか

お分かりになると思います。






マイナス×マイナスはプラスです。

プラス×プラスはもちろんプラスですね。



プラスにマイナスかけちゃダメですよ・・・。





P・S・
追悼
ジョンレノンは、
プラスもマイナスも深く愛せた偉大な芸術家です
スポンサーサイト
お知らせ
スクリーンショット
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
4103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
587位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
オンラインカウンター
プロフィール

サイバー小林

Author:サイバー小林

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
ブックマーク