06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Syber nature(サイバーネイチャー) 〜超未来の生存戦略〜

ブログタイトルの”Syber nature"(サイバーネイチャー)とは、僕の造語でインターネット上にリアルな臨場感をもつことで 想像を超えた未来を創る情報空間の新たな生態系です。このブログでは、人類が新しい意識の次元に移るためのメソッドをお伝えしていきます。

ブックマーク

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

非凡な会話ー「超0考察」

2017年初頭から非公開でスタートさせている
『”非凡の道”』プロジェクトの一環として、

元国立生物学研究所員であった東晃史博士に、
お話を伺うため連休明け博多へ行ってきます。



博士とは、
私が提唱する「超0」という発想に着目頂き、
以来メールでやり取りを行っていたのですが、

「西欧の科学の価値観を変える」意識を広める
という点で共通の認識を持っています。



昔は、船井幸雄 さん
(船井総研という、コンサルト会社の創設者)や、
技術出版の社長であっ た、
今となっては、故人である、元・京大卒のコンビが、
博士の独創性に目をつけて、

”当時の不完全な内容”を、ことごとく、出版・宣伝
してくれたので、

むしろ、
”東さんの社会的な信用を、無くしてしまった感じ”」
が、あります。


なので、「完全な 理論ができた」現在、
「肝心の、理解者が、この世に、存在していない」
という状況になっています。


今回の対談では、
すでに論文としても完成しているその理論について、
お聞きしようと考えてます。



東理論五部作を紹介しておくと、

Ⅰ 脳の主人 - 脳の中のブラックホール ー (南斗書房)
Ⅱ アインシュタインの悩みとファィンマンの悩みの解消に向けてーーー宇宙と意識 ー (技術出版)
Ⅲ ポスト「不確定性」文明の曙ー一日本の科学 ー (技術出版)
Ⅳ「政治権限」と「地球環境」--大脳生理学の立場から ー (技術出版)
Ⅴ「万能量子論」による「天国と地獄」の構図 ー 「太陽系」の「生理学」 ー (技術出版)


?がたくさんつきそうなタイトルばかりですよね(笑)


きょうは私と行われた対話からポイントのようなものを
掴んでもらえたらと思います。


非凡な会話ー「超0考察」
http://daizo.hippy.jp/azumaletter.pdf




とは言うものの
もともと超0療術協会の幹部向けに公開したものなんで

話してる内容がかなり専門的で
何を言ってるのかあまりよくわからないと思います。


でも理解できなくても問題ありません。
というかこれが理解できたら、変態です^一^



言霊だけでも充分に抽象度が上がりますので、
出来れば全文に目を通してもらえると嬉しいです。

非凡な会話ー「超0考察」
http://daizo.hippy.jp/azumaletter.pdf
スポンサーサイト
tb: -- |  cm: 0
go page top

お知らせ

検索フォーム

アクセスランキング

メディア紹介

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。