限界を突破して 自分の生きたい人生を手にいれるためのメソッドをお伝えしていきます。

過去の物理学では、超能力(ヒーリング)は、説明できない

きょうは、2月の中旬に、
超0療術師養成講座のコンテンツを
分析してもらうために、

およそ12時間のデータをお渡した



「脳の主人」(発行:南斗書房)
の著者であり
元国立生物学研究所にお勤めだった
東 晃史 博士



から届いた内容を読んでもらおうと思います。






今年は、
過去にとらわれずまったく新しい創造の年になる
という直感から、



春分を過ぎ、4月に入ってから、
地球史上初めて体験する文明開化が起こるような
エネルギーインパクトを感じて、

毎日それが増幅して行っているような気がします。




こんなことを言うと、
単純なスピリチュアルの香りがプンプンしてくる
感じがすると思いますが(笑)




これから、
公開するやりとり(個人に間する内容は削除)を
じっくり読んでもらうと、

その言霊から純度の高い熱量が伝わってくるはずです。




かなりボリュウムにある長文ですが、

あまり内容を理解しようと思考するんじゃなくて、
行間からこちらに伝わる純粋な熱量を感じみて下さい。






4月6日 東博士から小林へ
---

韓国に帰り、
お送り頂いた、USB・メモリーのデータは、
韓国の自宅のパソコンに、保存してあります。


来週の4月11日に、韓国に渡り、
「私のオリジナルの部分だけ の解説
(=超能力のメカニズム論)」

を、仕上げる予定です。


その後、
「小林さんの考え方」を、読ませていただきます。




ただ、
「私のメカニズム論は、科学」であり、
「生命科学の、 意識の構造と機能」ですから、


「超能力の存在の証明では、ない
(=こういうアプローチが、世間の信用を無くしている原因!)」
わけです。





「超能力者の、バーバラ・アン・ブレナン 女史の、
『光の手』(=河出書房新社)は、



超能力を、体得するための入門書」であり、
「実用書である」けれども、


「ブレナン女史は、物理学者であり、NASAの研究者でも、あった」
わけですが、
「過去の物理学では、超能力は、説明できない」

と書いてあるわけです。




一方で、

「超能力者しか、見えない光(=神の光)の状態に関する、
厳密な観察記述が、述べられている」

ので、
「私の理論 は、ブレナン女史の観察・記録を、
普通の人でも、見えるよう に工夫(=私のオリジナル)して、
理論化した内容」です。



特に、
「彼女の観察で、注目すべきは、
あの世に、神の光が湧き 出す、源泉が存在する」

という「特徴」であり、



「同様な視点 は、
日本の超能力者であった、高橋真治(=故人)の観察」
においても、


「あの世には、神の光を放出している、
霊太陽が、見える」


という「指摘がある」ので、

「両者の見解は、全く、 同じ」です。





「この内容は、
自然界の絶対的な倫理を、構築できる基本に成る」
と考えられます。



「現状の生命科学は、分子 生物学」であり、

「物理学(=客体側の観測と分析)の一部」 ですから、



「主体に関する、記述は、持ち込まない」ことが、
「基本哲学」であり、

「生命とは何か?」について、
「回答を 出せない」わけです。

「脳科学も、同じ」なのです。



そこで、
「生命とは、自我」であり、

「自我と情報が、結合す る」
ことで、


「意識が生じる」という「公式が、基本に成っている」
わけです。



「その前提」として、
「遺伝子の自我、細胞 の自我、組織の自我、臓器の自我」
などから、


「個体の自我が、
自然科学的(=数学的に)に、形成される」という内容が、

「フ ァインマンの仮想実験
(=光と物質の不思議な理論;QED(=岩波 書店)」から、

「具体的に、説明されている」わけです。




そこで、

「バーバラ女史の観察結果は、全部、いわゆる、超・ゼロの理論
(=私の呼び方では、”自我の潜在モデル”)に、置き換 える」

ことができるわけです。




だから、
「小林さんは、ブレナン女史の観察結果を基本にして、
ヒーリングの説明を、再構築 する」のが、

「最も、効果的であるように、思われる」わけです。



「生命は自我である」という内容は、
「従来の生物・医学や心 理学などに、革命をもたらす内容」
であり、



「この視点は、科学者が、超能力を理解しなければ、
今後、現状の医学の難題を、
打開・克服する、理論も実験も、企画できない」

という「主張 が、メイン」なのです。




だから、

「理解するための、図解が、中心」であり、
「ヒーラ ーが、世間の人に、メカニズムを理解させる」
のには、


「極めて、効果的である」ために、
「大学の教養学部(=1~2年生) の学生に、この内容を理解させたい」
わけです。




というのは、

「学生が、将来、どの分野(=理系・文系・人工知能)を、専 攻する」
としても、


「それぞれの分野の『理論化』に役立つ」 と考えられます。
それは、
「意識や、自我の、”行動原理”を示 している」からです。




「後期高齢者に成る」と、「想定外の病気に襲われて、計画通りに進まない」
ことが残念です。


多分、「1か月後には、原稿 が、完成する」と思います。
その時に、福岡に来ますので、会えることを楽しみにしています。




ともかく、
「ブレナン女史の 本(=『光の手』)は、読まれるべきである」
ように思います。


「現状では、彼女は、最高レベルの超能力者である」
と思います。



そして、
「高橋真治の教えを参考にして、基本に成るところを、
自己流に、置き換えた」のが、「大川隆法の、幸福の科学」です。

だから、「幸福の科学は、私には、文学に見える」わけで、
「科学には、見えない」わけです。

その意味でも、
「国際的に、 著名である、ブレナン女史を、参考にするべきである」
ように思います。



では、また。

---




この話を受けて、
わたしが数時間前に送った返事が、
以下の内容となります。






4月10日 小林から東博士へ
---

お返事ありがとうございます。

物理世界の二本柱である「空間」と「時間」も、
常識(科学) とは別の姿をしていることについて、



テンプレトン賞を受賞した物理学者のバーナード・デニスパニヤは、

「もういいかげん に現実に対する間違った解釈を捨てて、
画期的で、しかもより 正確な現実を受け入れるべきだ」

と述べています。



この場合の 正確な現実とは、

(「主体に関する、記述は、持ち込まない」 ことが、「基本哲学」である、
「物理学(=客体側の観測と分析)」が、回答を出せない、)
超能力のような意識が、


物理世界を作り出すような現実のことを言いますが、
物理学者たちは、
宇宙は従来の物理法則が当てはまらない場所だということを
知っているはずです。



ただ、
少数ではありますが、

勇気ある物理学者たちが、
自分た ちの世界観が実は間違っているかもしれないと考えはじめています。


個人的にわたしが言えるのは、
「やっとここまで来た か」ということだけです。



人間というものは、
現実をかなりゆがめて解釈しているわけですが、


つまり、
世界を認識する一つ のパターンを確立し、

そのパターンに合致しないものはすべて意識から排除するフィルターを
装備しています。


私たちが取り入れる情報は、
現実すべての情報量のわずか100万分の1パ ーセントの、
そのさらに半分でしかありません。



脳科学的に言えば、
これは、脳内の神経経路ができあがり、いつも通る道が決まると、
もう他の道は通らなくなってしまうからで、


もっとも簡単で単純な神経経路を形成し、
その道ばかりを何度も通ることになるからです。




しかし、
その道から見える 景色だけが現実ではなく、

むしろそれは現実からかけ離れた姿にであって、
同じ道ばかり通っていたら、すべての景色を見ることはできません。


計算上では、世界を全部見るには821年 かかるのに、
3分半で見られる景色だけが全世界だと勘違いしているわけです。



でも、
東さんやバーバラ・アン・ブレナン女子のような物理学者たちは違う考え
を持っています。


量子の世界では、
物事は段 階を踏んで出現せず、瞬時に出現する。

つまり、
何かを意図し たら、意図したのと同時にそれが出現するわけですが、


これこそ
瞬間(超0)ヒーリングにも通じる基本メカニズムにほかなりません。



多くの人たちが自分では、
完全に客観的な立場ですべてを見ていると思っているかもしれませんが、
実際は偏見のフィルターを通したものしか見れていないのです。




このことは、
まさに、「超能力者しか、見えない光(=神の光) の状態」

とは逆に、

私たちが五感を使って見るもの、体験するもの、触れるものは、
すべて「これを見る」「これを体験する」 「これに触れる」

という決断の後に出現しています。
この順番 は絶対に変わりません。



この現実に対して、

いちばん大切なのは、意識を目覚めさせて、
「今ここ」に集中するスキルを磨く ほかないわけですが、


これは、
「自然界の絶対的な倫理を、構 築できる基本に成る」スキル
にも通じます。




ご推奨いただいた、
「ブレナン女史の本(=『光の手』)」を 手にとって感じたのは、


「バーバラ女史の(主体)観察結果は、
全部、いわゆる、超・ゼロの理論

(=私の呼び方では、”自我の潜在モデル”)
で、翻訳する」ための理論構築、



すなわち

「答えは常に一定でなく、確率
(縁起率=エネルギー回転数によっ て生まれる波動干渉=コヒーレンスさ)
によって相互相対的に変化していく様相(諸行無常)」

であることを、



「生命は自我 である」であるという内容から、
再解釈するための原理モデル の必要性です。





それを、
「”非凡の道”として、教育現場へ確立させるための 仕組み作り」
を現在進めている最中です。

具体的に、
その第一弾で、『新世界ヒーラー、セラピスト解体新書』
というレポー トを無料配布し、


そこに集まった一定の能力を保持する
ヒーラー、セラピスト起業家たち向けの教育コミュニティーを通して、


「自我と情報が、結合する」と、「意識が生じる」


という「公式が、基本に成っている」ことを
理解してもらうための場を提供していきたいと考えています。




こちらは、5月12日の引っ越しが済んでから、
福岡に参りますので、
そのときにお身体と原稿を拝見できればと存じます。


お目にかかれるのを楽しみにしております。感謝します。

---




以上が、
往復書簡の中身です。





二人のやりとりは、
2016年の暮れからはじまっているのですが、


なにか、
文明のパラダイムシフトにもかかわるような新しいエネルギーが、
働いていると言えば大げさなように聞こえるかもしれませんが、


わたしの内側では、芸術作品を創りあげていた頃と同じような、
新たな創造のリアリティーとともに新世界講座コミュニティーの
仕組み作りが加速進行して行ってます。




初詣で引いたおみくじに、
「いくさに弓矢を得たるが如し」
と出たわけも納得です(笑)


この⭐︎運勢は、
「いくさの時に弓矢を得るように、
力強い援助の手が差し伸べられるでしょう。」
と書かれていました。




ありがたいことに、東博士をはじめ矢の本数はドンドン増えています。
これからも、
普段から幅広く物事を吸収しようとする姿勢を大切に過ごして参ります。


当然、
ここまで読んでくれてきたあなたも立派な援助者のひとりであることに
違いはありません。


そこでもしこのような内容が興味のある方やヒーラやセラピストの方は、
こちらから二人の往復書簡の全内容を読んでいただくことができます。
http://daizo.hippy.jp/azumaletter.pdf




また、読み終わった感想などいただけるとたいへん嬉しく思います。
勇気を出して行動に移してくれた
あなたも新しい文明を切り開く仲間のひとりとして大歓迎します^ー^
http://goo.gl/ZmmRrK
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
コピー
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
5632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
777位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナー Daizou Kobayashi

バナーを作成
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
オンラインカウンター
プロフィール

ハイパー0波動エネルギー クリエイター 小林 大三

Author:ハイパー0波動エネルギー クリエイター 小林 大三

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
ブックマーク