限界を突破して 自分の生きたい人生を手にいれるためのメソッドをお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量子場を意識の中に出現させる

※この記事は、2012年6月7日に、メインブログで、公開した記事を加筆訂正したものです。







物理学の研究によって、
真空状態では様々な驚くべき現象が起こることが、
わかっています。


あらゆる摩擦が消え、
すべての電磁波が完全に調和した状態になった瞬間に
「量子場」は生み出されます。


つまり「空」をとらえた瞬間に出現する「量子場」では、
真空の状態で摩擦が存在しないために、
あらゆることが何の前触れもなく瞬時に起こります。


EPSON のコピー
 「量子絵画 No.1」(2001 油彩 作家蔵)



さて、私が描いたこの絵のなかで起こっていることは、

何の前触れもなく目の前に置かれたカップが倒れて、
テーブルからコーヒーがこぼれ落ちるのを女性が見つめている瞬間
の様子です。


これは、
マイケル・ジャクソンの「ストレンジャー イン モスクワ」
という曲の特殊撮影によるPVのワンシーンなのですが、

当時、毎日のように瞑想を行って
作品のインスピレーションを得ていたわたしが、


この映像を観ながら発想したことは、
「空」という超伝導の状態を利用すると、


モスクワであろうが、パリであろうが、
非常に遠いところにでも瞬時に情報を送れるということです。




画面を静かに流れていくストーリーとは直接関係ありませんが、
時空を越える感覚というのをリアルに感じた初めての瞬間だった
ように記憶しています。




現代の天文学では、もしわたし達が宇宙のある一転に刺激を与えると、
その刺激が瞬時に宇宙の反対側の地点に伝わるとも言われています。


そのとき、時間や空間は消失してしまいます。

わたしが普段いる岡山の事務所サロン(非公開)にいらした方は、
何の変哲もない1階にある奥の一室のドアが開いた瞬間に、
時空のゆがみ(ゆらぎ)を感じたとおっしゃいます。

最近、聞いた言葉では、「まったり」と言うのでしょうか。



真空の状態には重力が存在しませんから、
量子場ではニュートン力学の法則がまったく通用しなくなり、
代わりに多くの可能性のドアが開かれています。


そこでは、事実何もかもが予想外のふるまいをします。
しかも、そこではどんなことでも起こせるのです。

これは、オカルトに利用される以前の科学的な話です。



真空は何らかの方法によってわたし達の「意図」を知ります。
また、
それに対して即座に反応するということが分かってきています。



物理の研究者が真空状態の中に何かを発見したいと思うと、

その通りのものが発見できるのは、
あなたが素粒子のことをちょっと勉強したいと思えば情報は
勝手にやってくるのと似ています。



つまり真空状態は主観的な意図に反応するわけです。

この発見から導き出された結論が、
「真空状態の空間には意識が存在する」

というものであることは、
宇宙が意識をもっていることにつながっています。


そして、
当然わたしもあなたも宇宙と同じ意識を感じながら生きています。





この量子物理学における現象と同じ現象が、
わたし達の脳や神経系統の中でも起こっていると考えてみます。


意識は「空」に入ると、そこには真空状態が生まれます。

すると、そのことによって電磁場の位相が変わり、脳と神経系統は
超伝導で機能し始めます。



脳内の電磁場は非常にコヒーレントな、
つまり摩擦のない状態になって、ガンマ波が活発になります。


脳や神経系統、肉体などから摩擦やストレスが取り除かれると、
ストレスによって起こる妨害や歪曲がなくなるため、全身が超伝導の
ようになるのです。



このような状態にある肉体は即座にその通りのことができます。

マスターやヨギ達が、重力の法則からは考えられないような現象
を起こしたという話は数多く伝えられている理由は、

彼らが「量子場の意識」を理解し、
その意識を操る能力を発達させていたのだと考えられます。



テーマに沿って進めましょう。

優れた効果を出したければ体全体からストレスを取り除く必要があります。

練習を積んで、瞑想反応をうまく引き出せるようになれば、
それだけストレスも効果的に取り除かれます。



そのとき、わたし達の意識や体は悟りに近づき、驚異的な能力を発揮できる
ようになります。




「能望」を倍音を伴う大量高速で唱えたり、
「大回転」伝授 
(参考:「宇宙の創造主」と「自分」は「同じ」という感覚も始めて経験できました。
を行ったときにも生じるガンマ波では、

脳細胞がすべて活性化され、
通常では考えられないコヒーレントな磁場が生成されます。


そのとき脳は極めて高度で洗練された機能を果たせるようになります。


このときの意識は宇宙の中で起こっているすべてのことを認識でき、
宇宙を統一しているさまざまな自然法則や仕組みをはっきりと認識して、

心を用いてそれらを自由にコントロールすることもできます。



瞑想中、精神はとてもおおきな物質的宇宙から原子核にいたるまで、
認識のあらゆるフィールドを探索できることを覚えておいてください。


意識は「空」に達すると、
無限の状態になります。その状態にある意識に限界はなく、
無限の可能性があるのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
コピー
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
7498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1018位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア

バナー Daizou Kobayashi

バナーを作成
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
オンラインカウンター
プロフィール

ハイパー0波動エネルギー クリエイター 小林 大三

Author:ハイパー0波動エネルギー クリエイター 小林 大三

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。